KPMGの総合力を支えるグローバルネットワーク | KPMG | JP

KPMGの総合力を支えるグローバルネットワーク

KPMGの総合力を支えるグローバルネットワーク

グローバルに蓄積した知見とネットワーク力を下支えとするシームレスなサービスを、「総合力」の最たるものを目指しています。

グローバルに蓄積した知見とネットワーク力を下支えとするシームレスなサービスを、「総合力」の最たるものを目指しています。

市場、顧客、雇用など、事業に関わるあらゆる側面でグローバル化が進んでいる今日、クライアントが直面する課題は、組織内の部門や地域を超えたものとなります。私たちにとって、こうした変化への対応は価値提供の機会となります。サービスラインやインダストリーの連携に加え、KPMGがグローバルに蓄積した知見とネットワーク力を下支えとするシームレスなサービスを目指すことは、「The Clear Choice」に近づくことであり、KPMGジャパンが目指す「総合力」の最たるものです。

国境を越えた体制の整備

KPMGジャパンでは、拠点・人員・情報といった領域において、国境を越えた体制の整備を進めています。
拠点の拡充については、グローバル・ジャパニーズ・プラクティス(GJP)を通じて、現地でのジャパンデスクを増強しています。
人員の面では、現地における日本語対応可能な外国人の採用・育成、海外駐在プログラムも積極的に推進するとともに、日本において、帰任した駐在経験者を中心に、主要国向けのカントリーデスクを設置し、海外との連携を強めています。
情報の面では、各国の会計、税務・法規制および経営に関連する情報に加え、英国のEU離脱問題への対応をはじめとして、機能横断的な情報発信も行っています。

私は新興国開発の責任者として、KPMGジャパンがGJP内に既に設置している中国事業室、インド事業室、中東・アフリカ事業室、アセアン事業室以外のイラン、キューバといった新興国へ進出する日本企業の支援や、現地における事業展開の対応支援を強化しています。これらの新興国は、マーケットとしての魅力はあるものの、現地の公共インフラや外国企業の進出に関連する制度の未整備、地政学的リスクなどが課題となり、日本企業の進出が容易ではないと思います。しかし、これらの新興国も着実に発展していますので、ビジネスチャンスはあります。KPMGジャパンでは、GJP新興国デスクを通じて、こうしたフレッシュな情報を積極的に提供し、新興国に展開する日本企業を支援します。

英国のEU離脱問題への対応

英国のEUからの離脱問題(ブレグジット)は、世界経済に新たな不確定要素をもたらしており、英国、および欧州各国で事業展開している日本企業にとって、今後の動向から目が離せない重要テーマになってきています。KPMGジャパンでは、日本、英国、欧州の三極60名で構成された「ブレグジット・EU対応専門チーム」を設置し、その連携を通じて、いち早く開設した専用ウェブサイト(kpmg.com/jp/brexit)から最新かつ偏りのない情報を提供するとともに、関税・VAT・直接税に関するサービス提供、サプライチェーンの見直しに関する多角的アドバイザリーをワンストップで提供します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信