常に選ばれる存在であるために

常に選ばれる存在であるために

Audit、Tax、Advisory、各セクションのプロフェッショナルが集まり語り合いました。

Audit、Tax、Advisory、各セクションのプロフェッショナルが集まり語り合いました。

KPMGジャパンは、社会の変革を促す存在として社会から信頼される組織であることを目指しています。そして経済社会におけるプレーヤー、すなわちマーケット、企業、人材から選ばれる存在であることを目指しています。そのためには、高品質なサービスと誠実性を兼ね備えた真のプロフェッショナルの存在が不可欠です。私たちが今後も真のプロフェッショナルとして、信頼され選ばれる存在であり続けるために、どうあるべきか。
Audit、Tax、Advisory、各セクションのプロフェッショナルが集まり語り合いました。

真のプロフェッショナルの要件とは

田中
私たちを取り巻く世界は目まぐるしいスピードで変化し、社会や企業が抱える課題は一段と複雑化しています。こうした変化に対応できる真のプロフェッショナルの育成は、これまで以上に重要性を増しています。各現場で社会や企業から求められる要件やプロフェッショナルとしての在り方について皆さんの考えを聞かせください。

菅野
私が担当するアドバイザリーサービスに対してクライアントが求めるのは、変革を実現する力だと考えています。プロフェッショナルとして、環境変化の先を読み、クライアントの真の課題を捉えるための分析力、経験に裏付けられたソリューションデザイン力は重要です。ただし、それだけでなく、ともに変革をやり遂げるために深い議論を交わせるコミュニケーション力と信頼関係の構築も合わせて重要になります。

渡邉
事業のグローバル展開や新ビジネスを展開するクライアントが増え続ける中、税法に書いていないところまでを合理的に類推しアドバイスできる、深く幅広い専門知識と経験がプロフェッショナルの基本的な要件として挙げられます。加えて、クライアントの特性や成長フェーズ、税務人材などのリソースの状況によって、求められるアドバイスやサービスが変化することから、クライアントをしっかり理解すること、つまりクライアント目線を併せ持った人材が真のプロフェッショナルだとTaxでは整理しています。

小倉
監査法人にとって最も重要な責務は、開示される財務情報の信頼性を確保することです。時には、監査先企業と意見が対立することなど、つらい場面や精神的なプレッシャーもあるでしょう。しかし、そうした状況でも、私たちの責務を果たすためにはどのような判断と行動が必要かを常に念頭に置いて行動すること。つまり監査人として揺らぐことのない信念をもって行動できる人材こそが、真のプロフェッショナルと考えます。

本質を見極める力が重要

田中
KPMGジャパンでは、真のプロフェッショナルを、単に専門知識とスキルを兼ね備えるのみではなく、高い倫理観・誠実性と責任感を有し、理解力と論理構成力に基づき問題解決を実現できる人物と定義しています。皆さんのお話からも、専門知識やスキル以外の要素も非常に重要であることがわかりました。経済環境がさらに複雑化し、その不透明感が深まる中、私たちが今後も社会、企業、人材から選ばれる存在であるために必要なことについて皆さんの考えを聞かせてください。

菅野
私は今期からディレクターという立場で業務に臨んでいます。職階が変わり改めて大事だと思っているものは、KPMGのプロフェッショナルとしての拠り所であるOur Valuesです。アドバイザリーのプロフェッショナルは様々なバックグラウンドを持つ多様性を強みにしています。一方、チームメンバーの仕事に向き合う価値観が共有され、体現されていることは、プロフェッショナルサービスを提供する上での本質です。個々として価値を生み出し、さらにチームとなって価値を増大させることが必要だと思います。

フォード
インターネットやテクノロジーの発展により誰もが多くの情報を容易に入手できることから、情報の価値は薄れました。一方、情報が複雑化したことで、クライアントを成功へ導くための本質を見極めたアドバイスや提案の価値は上がりました。クライアントが私たちに期待していることは、単に専門知識やルールを知っていることではありません。問題の本質を見極め、課題解決に導いてくれる応用力、いわば一歩先を行く最適解やその手法なのです。

渡邉
私たちは、クライアントをリスクにさらすわけにはいきませんし、違法なことはもってのほかです。昨今、税法が当てはまらないケースが増大する中、まさに本質を見極める力は極めて重要だと思います。そのためにも税法に対する深い知見を土台にした本質を見抜く洞察力、推察力がこれまで以上に必要になると思います。

小倉
監査においても同様です。会計基準などのルールに基づき判断することはもちろん基本ですが、まずは監査先企業のビジネスの実体を見極めることが何よりも重要だと思っています。過去に上司から事例を探すなとよく言われました。前例主義の仕事のスタイルでは、難題にぶつかった際に解決ができなくなるからです。今後、経済環境が複雑化して行く中では、やはり独創的なアイデアが求められますので、本質を理解する能力や、想像力を身に付けることが重要になってくると考えています。

田中
先程、プレッシャーに立ち向かう精神力の必要性について話がありましたが、やはり多様な経験を積み、その中で課題に真正面から向き合って徹底的に考え抜くからこそ、私たちはプロフェッショナルとして、さらには一人の人間として成長できるのだと思います。KPMGの強みの源は、企業との良好な信頼関係です。ともに難題を解決し、互いに高め合いながら進化し続けていきましょう。

KPMG Japan Our Story 2016/17

KPMGジャパンが、社会からの期待に応え、着実な成果を実現していくための考え方や取組みについてご説明するレポートを発行しました。

 
続きを読む

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信