KPMGヘルスケアジャパンの特徴

KPMGヘルスケアジャパンの特徴

KPMGヘルスケアジャパンの実績、業務体制に関してご紹介します。

KPMGヘルスケアジャパンの実績、業務体制に関してご紹介します。

KPMGヘルスケアジャパンは、医療機関、シニアリビング事業者、在宅介護事業者、製薬企業、調剤薬局、医療機器を含む様々なヘルスケア事業体に対して、事業・財務の専門性に基づき、戦略立案、事業計画策定・実行支援、資金調達アドバイス、買収・統合アドバイス、運営・管理支援を行っております。

HUMAN CAPITAL

当社のメンバーは、ビジネスバックグラウンド(ヘルスケアを専門とするMBA、戦略系コンサルティングファーム、産業出身者等)と財務バックグラウンド(金融機関出身者、公認会計士等)を有する人材を中心に構成されています。
また、必要に応じて、KPMGメンバーファーム(会計・監査の専門チームであるあずさ監査法人、税務の専門チームであるKPMG税理士法人、フィナンシャルアドバイザリーサービスの専門チームであるKPMG FASなどのアドバイザリー関連のグループ会社)と共同で案件を推進する体制としています。

KNOWLEDGE

多くの案件執行に関与することで、最新の戦略動向や案件動向からノウハウを吸収することに努めております。
DPC分析、診療報酬分析などの基礎的な分析ツールのみでは判断することのできない、高度な経営戦略上の決定に関与させていただいていることは、特に重要なノウハウであると考えております。
これに加えて、医療政策の方向性に関する情報の継続的アップデートや、広範囲にわたるネットワークを通じての業界動向の情報更新、KPMGグループを通じての最新のアドバイザリー手法の習得などを行っています。

EXPERIENCE

ヘルスケアに関連する事業体に対して、戦略、事業・財務の再構築、新規事業の計画、事業統合・再編、資金調達に関する、数多くのアドバイザリー実績を有しております。
医療関連事業、民間医療機関、公的・準公的医療機関、シニアリビング・在宅介護オペレーター、製薬(新薬・ジェネリック)、治験、医療機器、調剤薬局といった幅広い分野でのアドバイス実績がございます。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信