ワーク・ライフ・マネジメントの推進 | KPMG | JP
close
Share with your friends

ワーク・ライフ・マネジメントの推進

ワーク・ライフ・マネジメントの推進

責任を持って仕事に関与していこうとする成長意欲のある職員のために、ワーク・ライフ・マネジメントを推進するための各種制度を整備しています。

責任を持って仕事に関与していこうとする成長意欲のある職員のために、ワーク・ライフ・マネジメントを推進するための各種制度を整備しています。

AZSA Work style あずさワークスタイル

「プロフェッショナルとしての成長」と「心身の健康」を実現する働き方、それが、「あずさワークスタイル」。
プロフェッショナルとしての意識、生産性、コミュニケーションのあり方等に関する働き方の理念として展開しています。各事業部主導でさまざまな取組みを進めていく中で、「あずさワークスタイル」が私たちのカルチャーとして根付き、ワークもライフも充実する働き方が当たり前になるような組織を目指して、より高い理想に向けた改革を進めていきます。

 

自ら考え、自ら行動しよう

自らの役割を理解していますか?
自らソリューションを示していますか?

・積極的に行動を起こし、様々なフィードバックを糧に、業務に向きあおう。
・選ばれる存在になろう。


本質を捉え、最短距離で、最大の成果を出そう

「そもそも」(=本質)を考えていますか?
目的やゴールを的確に把握していますか?

・コミュニケーションや仕事の工夫で、スピード感と生産性を高めよう。
・相手に高い付加価値を提供しよう。


ワークもライフも、エンジョイしよう

「ワーク」も「ライフ」もエンジョイしていますか?
目の前の仕事だけにとらわれず幅広い情報をキャッチしていますか?

・何よりも心身の健康が大事であることを意識しよう。
・たくさんの「引き出し」を持って、魅力的なプロフェッショナルになろう。

 

そして、“昨日の自分を超えよう”

心身の健康に向けた取組み

構成員一人ひとりが心身ともに健康でいるために、さまざまな取組みを実施・推進しています。

健康保持・増進活動

  • 法定健診以外の補助
  • 予防接種の社内実施・補助
  • リラクゼーションルームの設置
  • 社内報にて産業医通信を配信


メンタルヘルスケア

  • 外部専門家によるカウンセリングサービス
  • ストレスチェック(毎年1回実施、集団分析実施)
  • メンタルタフネス研修

働き方改革としての取組み

職員が個々の能力を発揮し、心身ともに健康に勤務し成長できる環境を整備するため、「働き方改革」に取り組んでいます。そして、この働き方改革におけるさまざまな取組みによる職員の成長が、監査業務における「リスクアプローチ」の適用を進化させ、より「リスクに見合った監査手続」が実施されることにより、高品質な監査が実現するものと考えています。

働き方改革の3つのフレームワーク

  • 業務改革
    本質的な監査の実現
  • 制度改革
    労働環境の整備
  • カルチャー改革
    働き方の理念(あずさワークスタイル)の共有

在宅勤務制度

働き方の多様性の確保、業務生産性の向上、ワーク・ライフ・バランス向上、そして事業継続性の確保(BCP)など、様々なメリットがある在宅勤務制度の導入に向けて、これまで試験導入などを実施し、検討を重ねてきました。その結果を踏まえ、2016年8月より「在宅勤務制度」を本格導入しています。具体的には、在宅勤務を希望する職員や、妊娠、育児および介護によるフレキシブル・ワーク・プログラム(FWP)利用対象の専門職員・専門員の中から、上長に認められた職員が対象になります。

研修自宅受講制度

通勤時間の軽減による効率性の向上や、集中できる自宅環境を活用することによって個々の利便性の向上を図ることを目的として、一部の研修は、E-learningを利用した自宅での受講を可能としています。

リフレッシュ休暇

毎年7月からの1年間に、年次有給休暇とは別にリフレッシュ休暇が5日間付与されます。業務の都合に応じ、年次有給休暇と組み合わせれば、まとめて休みを取ることが可能です。

時間単位の休暇取得

年次有給休暇を時間単位で取得することができるため、通院や所用のための時間を確保しやすくなっています。

ボランティア活動休暇

職員一人ひとりが平日でもボランティア活動を行うことができるように、年間1日をボランティア活動休暇(有給)として付与しています。この制度は法人のCSR活動の一環として、社会福祉、環境保護、地域社会への貢献など、まずは身近なことから取り組んでもらうことを目的に定められています。

カフェテリアプラン

あずさ健康保険組合を通じて「カフェテリアプラン」を導入しています。これは、年間に付与されるポイント内で様々な福利厚生サービスを自由に選択できる制度です。宿泊施設やスポーツクラブの利用、健康関連商品や医薬品の購入など豊富なメニューを取り揃えています。

クラブ活動等

あずさ監査法人では、クラブ活動も盛んに行われています。現在、運動系「ゴルフ、サッカー、野球、テニス、バドミントン、バスケットボール、スキー、フットサル、レーシングカート、ワンゲル、モータースポーツ、ヨガ」や、文化系「華道、釣り、囲碁将棋、歴史研究会、書道、中国語会話倶楽部」など、多くのクラブがあります。オンとオフの充実を図るだけでなく通常の業務ではふれあえない、部署や上下の関係の枠を超えたコミュニケーションの場ともなっています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信