ワーク・ライフ・バランスの推進

ワーク・ライフ・バランスの推進

責任を持って仕事に関与していこうとする成長意欲のある職員のために、ワーク・ライフ・バランスを推進するための各種制度を整備しています。

責任を持って仕事に関与していこうとする成長意欲のある職員のために、ワーク・ライフ・バランスを推進するための各種制度を整備しています。

リフレッシュ休暇

毎年7月からの1年間に、年次有給休暇とは別にリフレッシュ休暇が5日間付与されます。業務の都合に応じ、年次有給休暇と組み合わせれば、まとめて休みを取ることが可能です。

時間単位の休暇取得

年次有給休暇を時間単位で取得することができるため、通院や所用のための時間を確保しやすくなっています。

ボランティア活動休暇

職員一人ひとりが平日でもボランティア活動を行うことができるように、年間1日をボランティア活動休暇(有給)として付与しています。この制度は法人のCSR活動の一環として、社会福祉、環境保護、地域社会への貢献など、まずは身近なことから取り組んでもらうことを目的に定められています。

カフェテリアプラン

あずさ健康保険組合を通じて「カフェテリアプラン」を導入しています。これは、年間に付与されるポイント内で様々な福利厚生サービスを自由に選択できる制度です。宿泊施設やスポーツクラブの利用、健康関連商品や医薬品の購入など豊富なメニューを取り揃えています。

クラブ活動等

あずさ監査法人では、クラブ活動も盛んに行われています。現在、運動系「ゴルフ、サッカー、野球、テニス、バドミントン、バスケットボール、スキー、フットサル、レーシングカート、ワンゲル、モータースポーツ、ヨガ」や、文化系「華道、釣り、囲碁将棋、歴史研究会、書道、中国語会話倶楽部」など、多くのクラブがあります。オンとオフの充実を図るだけでなく通常の業務ではふれあえない、部署や上下の関係の枠を超えたコミュニケーションの場ともなっています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信