組織再編プロジェクトに対してワンストップのサポート | 毕马威中国 | CN

組織再編プロジェクトに対してワンストップのサポート

組織再編プロジェクトに対してワンストップのサポート

KPMGの税務部門は関連規定の実務的な運用可能性や、各当局の理解・判断などについて提案段階から方向性を提示します。

KPMGの税務部門は関連規定の実務的な運用可能性や、各当局の理解・判断などについて提案段階から方向性を提示します。

ここ数年、日本本社主導による事業の見直しや中国における事業環境の変化などにより、中国事業の有効的な管理を目的とした事業再編を検討あるいは実施される日系企業が増えております。中国では、2009年に組織再編に関する通達(59号)が公布されて以来、これまで8年間にわたり、いくつかの重要な関連通達や公告が公布され、当局は組織再編に対し、より規範化・透明化を進める取組みを行い、納税に対して合理的な管理の姿勢を示してきています。しかしながら、未だ規範化・透明化されていない部分もあることから、中国で事業を展開する企業にとっては、税務リスクへの対応や必要以上の税負担の回避などにいかに取り組むかが、一層重要になってきております。

KPMGの税務部門は、中国現地での経験を活かして、さまざまな角度から、関連規定の実務的な運用可能性や、各当局の理解・判断などについて提案段階から方向性を提示します。その結果を踏まえて、クライアントのニーズに合わせて、タックスのみならず、社内の最適リソースを集め、プロジェクトマネジメント、会計アドバイスを含めた事前プランニング、税務目的価値評価、税務局をはじめとする政府機関との交渉、特殊納税処理届出手続き、税務申告、税務調査対応及び閉鎖手続きを含めた行政手続き代行など、ワンストップのサポートを提供しています。

联系我们

 

提案申请(RFP)

 

提交