中国における会計システムのコンプライアンス対応 | 毕马威中国 | CN

中国における会計システムのコンプライアンス対応

中国における会計システムのコンプライアンス対応

中国会计系统的合规应对

中国会计系统的合规应对

中国におけるグループERPの導入においては、会計システムのコンプライアンスに関する独特な留意点が存在しています。当局要求はその会計帳票の出力様式のみならず、会計システムの入力データそのものに対しても詳細に定められており、諸外国の規制と比較した場合の相違点となります。日系企業がERPパッケージのグローバルな統合を進めている中、中国拠点においては当該コンプライアンス要求を達成することが課題となります。KPMG中国はこれらの問題点を解決するための簡易会計ソフトウェア「KECCI(KPMG ERP Conversion and Compliance Interface) 」の導入を提案しています。

 

在中国的公司集团导入ERP的现状中,存在着一些需要特别注意的有关会计系统合规的问题。当局不仅对会计账票的格式进行了规定,还对会计系统的输入数据本身也进行了详细的规定,与其他国家的规定有所不同。日资企业在推进ERP软件包的全球整合过程中,在中国据点,达到合规要求是一项难题。为了解决以上问题,KPMG中国建议引入简易会计软件“KECCI(KPMG ERP Conversionand Compliance Interface 毕马威ERP转换及合规接口系统)”。

联系我们

 

提案申请(RFP)

 

提交