中国に新たな一般租税回避防止のガイドライン | KPMG | CN

中国に新たな一般租税回避防止のガイドライン

中国に新たな一般租税回避防止のガイドライン

チャイナタックスアラート(中国税務速報)- 第1回, 2015年1月

1000

Related content

中国税務速報

中国国家税務総局(以下「SAT」)は、前回のパブリックコメント募集の総仕上げとして、2014年12月2日付にて「一般租税回避防止管理弁法(試行)」(以下「新弁法」)最終版を公布した。今回は、一般租税回避のスキーム特定に合わせ、税務機関が一般租税回避防止案件の立案、調査、結審など執行手続の詳細についても明確化した。

新弁法は、今後の租税回避防止業務に透明性の向上と、租税回避防止条項の執行に一貫性を持たせることを目的としており、、中国が国際課税ルールの導入に際して、昨今、公布されている一連の新規定の一部を担うものとなる。これはまた2014年11月開催の20か国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、習近平主席が発表したクロスボーダー租税回避防止の指示を徹底させるものである。そのため、新弁法は、将来の中国の国際課税ルールの執行に対して重要な影響を与えることが考えられるため、多国籍企業は今後においても、関連課税規則の動向に細心の注意を払わなければならない。

© 2017 毕马威华振会计师事务所 (特殊普通合伙)、毕马威企业咨询(中国)有限公司及毕马威会计师事务所,均是与瑞士实体 — 毕马威国际合作组织 (“毕马威国际”) 相关联的独立成员所网络中的成员。毕马威华振会计师事务所(特殊普通合伙)为一所中国合伙制会计师事务所;毕马威企业咨询(中国)有限公司为一所中国外商独资企业;毕马威会计师事务所为一所香港合伙制事务所。版权所有,不得转载。毕马威的名称和标识均属于毕马威国际的商标或注册商标。

Connect with us