技術先進型サービス企業に対する税優遇政策の改善

技術先進型サービス企業に対する税優遇政策の改善

チャイナタックスアラート(中国税務速報)- 第30回, 2014年12月

1000

Related content

技術先進型サービス企業に対する税優遇政策の改善

 「サービスアウトソーシング産業の促進強化に関する回答」(国弁函「2013」33号)を敷衍するため、財政部、国家税務総局、商務部、科技部、国家発展改革委員会は、共同で「59号通達」を公布した。これは、技術先進型サービス企業の企業所得税優遇政策を改善するため、現在失効中の65号通達を見直し、復活させるものである。今回の通達によって、その該当する優遇政策の有効期間は、2018年12月31日まで延長となり、さらに、オフショア・サービスアウトソーシングの業務収入に対する認定条件も緩和される。これによって、今回の優遇対象企業の適用範囲も拡大することから、今後は、技術先進型サービス企業の成長促進が図られ、さらには、企業の技術革新、ならびにサービス・スキルの向上にも拍車が掛かるため、中国におけるサービス産業全体の競争力の強化支援となる。

Connect with us

KPMG's new digital platform

KPMG International has created a state of the art digital platform that enhances your experience, optimized to discover new and related content.