経済協力開発機構(OECD)がBEPSの第一次提言を発表 | KPMG | CN

経済協力開発機構(OECD)がBEPSの第一次提言を発表

経済協力開発機構(OECD)がBEPSの第一次提言を発表

チャイナタックスアラート(中国税務速報)- 第27回, 2014年10月

1000

Related content

経済協力開発機構(OECD)がBEPSの第一次提言を発表

経済協力開発機構(OECD)は、2014年9月16日付けで「税源侵食と利益移転(BEPS : Base Erosion and Profit Shifting)行動計画」に関する待望の第一次提言(2014年成果物)を発表した。このBEPS成果物とは、国際的な租税体系を完備させて、公平な国際租税のルールを確立し、各国の税務管轄区域における課税の実態と価値創出活動や実質的な経済活動の所在地との整合性を確保することを目的とするものである。これは本年、9月20日~21日に開催された20か国財務大臣・中央銀行総裁会議(豪州・ケアンズ)に諮られ、税制面で、全面的に支持と合意を得て決議された行動計画案であり、今回発表された提言は、2013年度に発表された行動計画15項目より、具体的に下記の7項目である。

Connect with us