サービスフィー及びロイヤルティに対する中国国家税務総局の本格調査

サービスフィー及びロイヤルティに対する中国国家税務総局の本格調査

チャイナタックスアラート(中国税務速報):移転価格税務フォーカス - 第1回,2014年8月   中国国家税務総局(SAT、以下「税務総局」)は、最近、各省税務機関に対し、国内企業が2004年から2013年の期間に海外関連者に支払ったサービスフィーまたはロイヤルティに対する限定調査を実施し、その調査結果を9月中に税務総局に提出するよう指示した。移転価格税制の遡及調査期間は10年であり、この対象期間の税務調査は合法的なものである。また、税務総局は、特別に不審と看做される取引に対しては、本格的な移転価格調査を実施することを要求している。 そのため、税務調査官が潜在的な調査対象企業を割り出すまでに、納税者は税務調査官との応答において慎重に回答すべきであり、また、提出義務となる書面資料類を準備する際には、これらの資料類が今後の移転価格調査の参考として用いられる可能性を留意して、特段に注意を払わねばならない。  

1000

Related content

Connect with us

KPMG's new digital platform

KPMG International has created a state of the art digital platform that enhances your experience, optimized to discover new and related content.