中国関税価格査定規定の改訂 | KPMG | CN

中国関税価格査定規定の改訂

中国関税価格査定規定の改訂

チャイナタックスアラート(中国税務速報)- 第7回,2014年3月   税関総署は、加工貿易の国内販売および関連者間輸入取引における課税価格の査定に関する問題を解決するため、WTOの価格査定原則に準拠した一連の新規定を公布した。現行で中国税関が実施している査定手順の透明化に寄与するものである。中国は、2001年のWTO加盟以来、GATTの関税価格査定協定を遵守しているが、輸出入企業の多くは、各地の税関査定が規定どおりに行われていない温度差に懸念を抱いている。さらには、税関および企業間での関連規定に対する理解の相違も存在している。これでは、企業が輸出入関税ならびに増値税コストについて正確に算出すらできない。 税関総署は、2013年12月9日付けで下記のとおり、貨物課税価格査定の新規定を公布し、2014年2月1日より施行した。

1000

Related content

Connect with us