外貨建債務の登記に係る新規制の公布 企業の為替決済等の時間短縮 | KPMG | CN

外貨建債務の登記に係る新規制の公布 企業の為替決済等の時間短縮

外貨建債務の登記に係る新規制の公布 企業の為替決済等の時間短縮

チャイナタックスアラート(中国税務速報)- 第11回, 2013年6月    国家外貨管理局は2013年4月28日に『外貨建債務の登記管理弁法』に関する通知19号文を公布した。この19号文では、いくつかの承認要求事項を削除して外貨建債務の登記手続を簡略化しようとしている。外貨建債務に係る契約の登記を除き、その他の外貨建債務に係る口座の開設や、外貨資金を人民元に両替して元本および利息を返済する等は外国為替指定銀行(以後、「銀行」とする)で直接行うことができるようにする。このため多くの外商投資企業においては、外貨建債務に係る資金の外貨両替に要する期間が短縮化されるものと想定される。   一方、銀行は、外貨両替の申請にあたり、より多くの遵法性レビューを実施することを要求するであろう。要求される資料および手続は銀行により異なることも想定されるため、外商投資企業は定期的に銀行と連絡を取り、外貨両替による資金の使途につき十分な説明資料を準備しておく必要がある。

1000

Related content

Connect with us