不動産及びそれに付属する有形固定資産を一体として販売する場合には区分計算して納税する | KPMG | CN

不動産及びそれに付属する有形固定資産を一体として販売する場合には区分計算して納税する

不動産及びそれに付属する有形固定資産を一体として販売する場合には区分計算して納税する

チャイナアラート(中国速報)- 第32回, 2011年8月   国家税務総局は2011年8月17日に47号公告を公布し、納税者が土地使用権を譲渡或いは不動産を販売すると同時に土地或いは不動産に付属する有形固定資産を一体として販売する場合の、流通税の処理に関して規定した。47号公告は2011年9月1日より施行される。 47号公告の主要内容及びKPMG中国のコメントは以下の通りである。 47号公告の規定に基づき、土地使用権を譲渡或いは不動産を販売すると同時に土地或いは不動産に付属する増値税課税対象物品を一体として販売する場合、財税[2009]9号文(以下、「9号文」)第2条の関連規定に従って増値税を計算・納付しなければならない。土地或いは不動産に付属する有形固定資産が不動産である場合、「販売不動産」項目の規定に従って営業税を計算・納付しなければならない。 9号文の第2条の規定に基づき、有形固定資産の販売に関わる増値税の処理は納税者の類型及び物品の性質によって異なる。具体的な処理方式は以下の通りである。

1000

Related content

Connect with us