深圳市における非居住の請負業者及び役務提供者に関する税務登記の厳格化 | KPMG | CN

深圳市における非居住の請負業者及び役務提供者に関する税務登記の厳格化

深圳市における非居住の請負業者及び役務提供者に関する税務登記の厳格化

チャイナアラート(中国速報)- 第30回, 2011年8月   2011年8月2日、深圳市国家税務局(以下、「深圳国税」)は深国税告[2011]7号文(以下、「7号通告」)を公布し、企業所得税法及びその実施条例、国家税務総局令第19号(以下、「19号令」)並びに国税発[2009]3号文(以下、「3号文件」)を基礎として、非居住企業の税務関連項目の登記届け出管理をより一層強化し、関連の法律責任を明確にした。 7号通告に規定した登記届け出の関連要求及び法律責任は、次の通りである。

1000

Related content

Connect with us