企業が個人のために代理保有している制限株式(譲渡制限株式)の譲渡収益は、企業でのみ課税される | KPMG | CN

企業が個人のために代理保有している制限株式(譲渡制限株式)の譲渡収益は、企業でのみ課税される

企業が個人のために代理保有している制限株式(譲渡制限株式)の譲渡収益は、企業でのみ課税される

チャイナアラート(中国速報)- 第27回, 2011年7月   国家税務総局は、2011年7月7日に39号公告を公布し、企業による上場会社制限株式の譲渡に係る所得税の処理について明確にした。39号公告は、企業が個人又はその他の企業の代理で所持する制限株式の譲渡により生じる、譲渡収入に対する二重課税のリスクを低減した。 39号公告は、2011年7月1日から執行される。39号公告の執行後、未処理の納税案件については、この公告の規定にしたがって処理し、既に処理された納税事項については、再び調整しない。 以下では、39号公告の主な内容及びKPMG中国の所見は以下の通りである。

1000

Related content

Connect with us